シスター三宅校長の学園日誌

学園や生徒たちの生の姿を日記のように紹介しています。
日々の何気ない生徒たちの様子や頑張る姿、学園の毎日を感じていただけたら幸いです。

最近の記事

過去の記事

2019年5月

2019.05.13


DSC01827.jpg校内のバス停近くの石畳を縫って、小さな木の苗が生きていました。「頑張ってるね」と声をかけてしまいました。

投稿者:sr_miyake

2019.05.10

朝、全校放送で今日のテーマ "LIVE THE GOOD" についてお話ししました。その後、それぞれの活動場所に向かいます。DSC01825.jpg中学三年生は、バスが出た後の広場で車椅子体験をしました。自分で動かしたり、乗った人に声かけながら押してみたり、用意してくださったでこぼこ道などの模型の上を車椅子で上り下りしたりする練習をしました。DSC01829.jpg車椅子に乗った人の心配や怖さを体験し、声かけや力の入れ具合も学びました。ほとんどの活動が毎年行われているものです。生徒たちは車椅子の他に、手話、点字、要約筆記などを在学中一度は体験します。草刈りなど外での活動をした学年も、天候に恵まれた一日でした。出かけた学年の報告を楽しみにしています。

投稿者:sr_miyake

2019.05.09

今日とてもうれしかったのは、朝は中学生と先ほどは高校生と色々おしゃべりできたことです。昨日の放課後もお迎え待ちの中学生と話すことができました。学年も思いも様々ですが、新緑に輝く若葉のような生徒たちでした。
DSC01824.jpgさて明日は「聖ジュリーの日」。今年のテーマは"LIVE THE GOOD ~想像してみよう 共感してみよう~"です。創立者聖ジュリーの生涯を思い起こしながら学園の精神を実践する様々なプログラムがあります。中1は聖ジュリーを表現するグループワーク、中2はひらた旭川荘での奉仕活動、中3は車椅子体験、高齢者体験、点字・朗読・要約筆記など、高1は自分を知るワークショップと手話、聖堂での祈りの集いもあります。高2はクラスごとに5つの施設を訪問しての奉仕活動。中1・高1・高3は、チャイルドファンドジャパンについての講演を伺います。高3はその後、清心生が支援するフィリピンの子供たちへの手紙を書くことになっています。創立者の心に触れる良い一日になりますように。

投稿者:sr_miyake

2019.05.08

校内には、ツツジがたくさん植えてあります。毎年創立者聖ジュリーを記念する行事の日には、美しく咲き誇っているのですが、今年は少し早まっています。連休の前やっとつぼみがほころびかけていたのが、長い連休が明けてみると満開が過ぎようとしています。金曜日の聖ジュリーの日まで咲いていてほしいものです。

DSC01823.jpg放課後中学一年生が大きな紙袋を持って下校しています。4月にずいぶん暑い日があったので、大急ぎで新しい夏制服を届けていただきました。夏服を着た姿を見るのが楽しみです。と、写真を撮っていると.....

DSC01818.jpg中学3年生が先生を誘ってポーズをとってくれました。

投稿者:sr_miyake