• HOME
  • シスター三宅校長の学園日誌 ブログ

シスター三宅校長の学園日誌

学園や生徒たちの生の姿を日記のように紹介しています。
日々の何気ない生徒たちの様子や頑張る姿、学園の毎日を感じていただけたら幸いです。

最近の記事

過去の記事

2019年7月17日


DSC01948.jpg廊下に私服の中学生が.....??   授業が始まった教室にも .....

DSC01951.jpg実は今日は、中学生徒会企画の「私服デー」でした。 中学生徒会では5月にアフガニスタンの子供達にランドセルを届ける「思い出のランドセルギフト」に取り組みました。ところが、いざ贈ろうとして送料がずいぶんかかることに気づいたのです。もちろん、生徒会の予算の一部でもできましたし学校の援助や大人の工夫で送ることもできたでしょうが、あえてそうはしませんでした。自分たちの力で送ろうと中学ホームルーム委員会で話し合って企画したのがこの「1DAY私服DAY」でした。① ただお金を集めるのでなく ② ランドセルを送る活動、そして生徒会活動/委員会活動に注目してもらうために、③ 趣旨に賛同した生徒が一日私服で登校し、④100円以上の募金をするというものです。もちろん制服登校の生徒も参加します。先生方のだめだしもいただきながら、いろいろなことを考え説明して実現しました。いつもよりラフな格好で参加した先生方もありました。そして募金も必要以上に集まりました。とても清心らしい活動になったと思います。

投稿者:sr_miyake

2019年7月12日


DSC01945.jpg今日、7月12日は、ノートルダム清心学園の創立者聖ジュリー・ビリアートの268回目の誕生日でした。姉妹校広島清心の生徒さんが訳した祈りのカードをいただきました。姉妹校として共に祈ろうという呼びかけに答えて、朝の「言葉のちから」の時間の初めに全校で祈りを捧げました。 祈りで、学びで、活動で、ノートルダム姉妹校の絆を深めることができますように。

   「聖ジュリー、あなたは主のみ心に従い、

    偉大な献身を通して奇跡的に病から癒やされ、多くの恵みを受けられました。                

    私たちも人生でどんな困難にあっても、

    神様を信じる心を忘れないようお取り次ぎください。

    神様への大きな信頼を、神様の崇高な御意志を成し遂げる力を、

    今私たちが求める特別なお恵みを、私たちにお与えください。

    聖ジュリー、私たちのためにお祈りください。」

    

投稿者:sr_miyake

2019年7月 9日


IMG_0514 (002).jpg七夕の日、神戸で関西と岡山のなでしこ同窓会合同支部会がありました。東京などからの参加もあり100名を超す盛況でした。そのため会場を変更したほどです。皆さん明るくお元気でしたが、様々な人生を歩んでこられたことと思います。そのどこかに清心での学びが生きていたことでしょう。卒業生の皆さま、大切な思い出を胸に、愛する母校清心を応援してくださいね。

投稿者:sr_miyake

マーク先生は今日もバスのお見送りです。ふだんは、最終下校の頃先生の声が響き渡ります。毎朝玄関前で、登校する生徒のお迎えもしてくださっています。"Good morning!" (素敵な生徒の笑顔が載せられないのが残念です。スポットを入れたところ、手が...)

DSC01944.jpg会話.jpgこちらは、中央廊下で先生とお話中。近頃の学校生活について検討しているのだそうです。

投稿者:sr_miyake