• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

教育資料ダウンロード

1996年5月 9日

清心中学校・清心女子高等学校「紀要」PDF

発行年 No ページ数 タイトル
1996 12 p1-31 性教育の日常的な実践と今後の課題[PDF:3,789KB]
1999 13 p34-61 清心中学校・清心女子高等学校の展望
アンケート「西暦2000年に清心学園は何を提供できるか」から将来を考える(1)[PDF:4,120KB]
p62-87 清心中学校・清心女子高等学校の展望
アンケート「西暦2000年に清心学園は何を提供できるか」から将来を考える(2)[PDF:3,599KB]
p88-117 清心中学校・清心女子高等学校の展望
アンケート「西暦2000年に清心学園は何を提供できるか」から将来を考える(3)[PDF:4,900KB]
p286-300 授業「国際情報」と本校の情報教育[PDF:2,017KB]
2005 14 p69-79 アカハライモリの教材化について(「胚の発生」を扱った授業展開例)[PDF:1,073KB]
p89-96 「生命」をテーマにして高等学校の総合学習でどのような取り組みができるか[PDF:827KB]

スーパーサイエンスハイスクールガイド

タイトル
2006 スーパーサイエンスハイスクールガイド2006[PDF:4,884KB]
2007 スーパーサイエンスハイスクールガイド2007[PDF:5,339KB]
2008 スーパーサイエンスハイスクールガイド2008[PDF:3,595KB]
2009 スーパーサイエンスハイスクールガイド2009[PDF:22,168KB]
2010 スーパーサイエンスハイスクールガイド2010[PDF:6,283KB]
2011 スーパーサイエンスハイスクールガイド2011[PDF:5,549KB]
2012 スーパーサイエンスハイスクールガイド2012[PDF:5,815KB]
2013 スーパーサイエンスハイスクールガイド2013[PDF:1,617KB]
2014 スーパーサイエンスハイスクールガイド2014[PDF:6,164KB]
2015 スーパーサイエンスハイスクールガイド2015[PDF:7,065KB]
2016 スーパーサイエンスハイスクールガイド2016[PDF:9,730KB]

SSH研究成果報告

タイトル
2015 2015年度SSH研究成果報告[PDF:7,639KB]

SSH研究開発実施報告書

発行年度 タイトル
2007 平成18年度指定SSH 研究開発実施報告書 第2年次[PDF:19,912KB]
2008 平成18年度指定SSH 研究開発実施報告書 第3年次[PDF:29,793KB]
2009 平成18年度指定SSH 研究開発実施報告書 第4年次[PDF:33,797KB]
2010 平成18年度指定SSH 研究開発実施報告書 第5年次[PDF:26,052KB]
2011 平成23年度指定SSH 研究開発実施報告書 第1年次[PDF:19,610KB]
2012 平成23年度指定SSH 研究開発実施報告書 第2年次[PDF:13,852KB]
2013 平成23年度指定SSH 研究開発実施報告書 第3年次[PDF:10,296KB]
2014 平成23年度指定SSH 研究開発実施報告書 第4年次[PDF:10,906KB]
2015 平成23年度指定SSH 研究開発実施報告書 第5年次[PDF:23,184KB]

教育資料PDF

発行年 タイトル
1992 両生爬虫類研究会誌No.41(p1-p5)[PDF:692KB]
1994 岡山県倉敷市の水路にボタンウキクサの群生を確認[PDF:678KB]
1994 月刊高校生 SAFER_SEXの翻訳によるエイズ学習[PDF:2,795KB]
1995 ボタンウキクサの旺盛な株分かれと花について[PDF:1,689KB]
1995 牛窓町長浜と岡山市中川町にスクミリンゴガイを確認[PDF:596KB]
1995 月刊高校生 エイズを学ぶ海外研修旅行[PDF:1,628KB]
1995 岡山県にすむ有尾類-幼生を中心に-[PDF:688KB]
2002 岡山県に生息する有尾類の仲間 その1 アカハライモリ[PDF:1,861KB]
2004 岡山県に生息する有尾類の仲間 その2 カスミサンショウウオ[PDF:1,893KB]
2005 有尾類の保護を考える[PDF:2,327KB]
2006 座談会「女性理系はなぜ少ないか」(大学時報 No.310.p14-p25.)[PDF:1,310KB]
2008 清心女子高等学校 生物部の歩み[PDF:955KB]
2009 [資質・能力を育てる科学的な体験・自然体験-高等学校-]
実際に「触れること」が科学的思考を育てる[PDF:973KB]
2009 女子校で有尾類と付き合って20年[PDF:1,087KB]
2013 SSH指定から7年、その成果と課題(大学時報 No.352.p44-p51.)[PDF:1,832KB]
ため池と水田の生き物図鑑-動物編- 正誤表[PDF:218KB]
2015 平成基礎科学財団・第11回小柴昌俊科学教育賞・発表レジメ[PDF:4,188KB]
SSH事業で展開しているESDの教育実践の紹介[PDF:467KB]
月刊高校生の出版元である高校出版は倒産しており、現在この本は入手できません。

集まれ!理系女子 女子生徒による科学研究発表交流会PDF

発行年度 タイトル
2005 先輩からのメッセージ集[PDF:22.8MB]
2009 集まれ!理系女子 第1回女子生徒による科学研究発表交流会[PDF:20.3MB]
2010 集まれ!理系女子 第2回女子生徒による科学研究発表交流会[PDF:18.0MB]
2011 集まれ!理系女子 第3回女子生徒による科学研究発表交流会[PDF:27.7MB]
2012 集まれ!理系女子 第4回女子生徒による科学研究発表交流会[PDF:21.0MB]
2013 集まれ!理系女子 第5回女子生徒による科学研究発表交流会[PDF:4.51MB]
2014 集まれ!理系女子 第6回女子生徒による科学研究発表交流会[PDF:10.9MB]
2015 集まれ!理系女子 第7回女子生徒による科学研究発表交流会[PDF:14.8MB]
2016 集まれ!理系女子 第8回女子生徒による科学研究発表交流会[PDF:13.1MB]

AdobeAcrobatReaderダウンロードページへPDFファイルをご覧いただくためにはAdobeAcrobatReaderが必要です。 お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。

  • 投稿者 admin : 17:00

最近の記事

no image
学級通信を初めて出したのが、赴任して3か月過ぎた1983年7月13日であった。高校1年生を担任し、最初から生徒と私の考え方が正面からぶつかる状況が続いていた。それをなんとか解決したい、自分の思いを理解して欲しいという気持ちから、学級通信「ぼうぼうどり」を発行した。最初は理解されるどころか、ゴミ箱に捨ててある状況だったが、とにかく辛抱強く、自分のメッセージを載せて発行し続けることで、時間はかかったけ…続きを見る
オオイタサンショウウオ幼生飼育を再開
12月1日から宮崎県都城市に異動して、サンショウウオやイモリを高校に置いたままで、課題研究のグループに世話をしてもらっていますが、少し飼育数を減らして欲しいということで、オオイタサンショウウオの幼生を大学の研究室に運んできました。 現在は小さなインキュベーターが一つしかないので飼育数は限られますが、予算をとって設備を充実させていかなければなりません。もうサンショウウオの産卵シーズンになっていますが…続きを見る
生命科学コースの一期生の保護者から花
2006年に文科省SSH事業の指定を受けて生命科学コースを開設し、最初の入学生を受け入れました。11年目になり、生命科学分野の研究者として就職している卒業生もいます。 今日は、僕がノートルダム清心学園から南九州大学に異動したということで、保護者の方が花を贈ってくださいました。これまでは高校で、高校生に課題研究を直接指導してきましたが、これからは教員養成が仕事です。10年以上の歳月が流れても、今でも…続きを見る

研究室を少し整備

2017年1月16日

研究室を少し整備
研究室としていただいたのは演習室で、片面はスチール本棚、片面がホワイトボード、それに古い引き出しのついた机が一つと作業台が2つだけで殺風景な部屋でした。 12月に引っ越してきたばかりの時は閑散としていたが、1月に帰省した時に、書籍、研究機材やパソコンの周辺機器を車に満載して運んできたので、少し研究室らしくなってきました。インターネットも利用できるようになり、HPも更新できます。テレビも受信できるの…続きを見る
英会話のEric C.Han先生の本
エリック・ハン(Eric C.Han)は、清心女子高等学校で英会話の講師をされていた。当時の彼の話では、大学では分子生物学(ショウジョウバエを使った研究)に取り組んでいたけど、大学院では、東洋史を研究したいということだった。 その後、アメリアに帰ってからコロンビア大学で東洋史を専攻し、チャイナタウンをテーマに研究され、その成果をまとめたのが、今回出版された"Rise of a Japanese …続きを見る

瀬戸内記念病院

2016年12月31日

瀬戸内記念病院
2003年10月、母は僕が生徒を引率して、沖縄研修旅行に行っているときにくも膜下出血で倒れた。 3日以内の命と言われ、頭を切開して処置することもしなかったが、奇跡的に助かった。 今、95歳、女性の平均寿命をはるかに超えている。その間に、病院も建て替えられ、名前も「山陽病院」から「瀬戸内記念病院」になった。岡山から遠く離れた宮崎に移動したのでなかなか会えないので大晦日になってしまったが、病室に面会に…続きを見る

このページの先頭へ