ホーム » 保護者の方へ » 台風等による臨時休校要件

台風等による臨時休校要件

臨時休校について

  1. 午前6時現在において倉敷市において、大雨警報と洪水警報の両方が同時に発令されている場合、または、暴風・大雪・暴風雪のいずれかの警報が発令されている場合、学校を休校とする。
    なお、登校の途中または授業開始後において、これらの警報が発令された場合は、学校の指示に従うこと。
  2. 以上のことについて、学校への問い合わせの電話はしないこと。
    (回線が混み合って、重要な連絡の伝達ができなくなります。)

学校が通常通り授業が行われている時

  1. 居住地に大雨警報と洪水警報の両方が同時に発令されている場合、または、暴風・大雪・暴風雪のいずれかの警報が発令されている場合は、自宅で待機し、学校に連絡すること。
    午前10時の時点でも、引き続き同警報が出されている場合は、家庭学習とし、欠席扱いにはならない。
    尚、同警報が午前10時までに解除された場合は、解除され次第、十分安全に気をつけて登校すること。
    (遅刻扱いにはならない。)
  2. 居住地からの交通機関が遮断されている場合は、自宅で待機し、学校に連絡すること。
    午前10時の時点でも、引き続き交通機関が遮断されている場合は、家庭学習とし、欠席扱いにはならない。
    尚、午前10時までに交通機関が回復した場合は、十分安全に気をつけて登校すること。
    (遅刻扱いにはならない。)

*1・2の状況ではなく、保護者の方の判断で安全面を考慮して休ませた場合は、欠席になります。

岡山の気象情報は、(086)177で確認できます。
岡山地方気象台のホームページはこちら

このページの先頭へ